町田市の整体で、首痛首こり・肩こり・腰痛・坐骨神経痛の根本治療

町田市整体│たむら整体治療室│HOME町田市整体│たむら整体治療室│HOME

町田市の整体で、首痛首こり・肩こり・腰痛・坐骨神経痛の根本治療

町田市整体│たむら整体治療室│HOME町田市整体│たむら整体治療室│HOME

首で全身を直す!超専門的な根本治療を専門に行っている【たむら整体治療室】

首で全身を直す!超専門的な根本治療を専門に行っている【たむら整体治療室】
HOME > 肩関節のリハビリ

町田市の整体 たむら整体治療室 町田で首痛首こり・腰痛の根本治療│★肩関節のリハビリ

町田市整体│たむら整体治療室│区切り線


上腕骨・鎖骨・肩甲骨・肩関節の怪我・打撲・骨折などが治っても、治癒後のリハビリを行わないと肩関節の動きに制限が残ってしまう場合があります。そういったことを避ける為にも肩関節のリハビリが必要です。

 

肩関節の動きは屈曲・伸展・外転・水平位内転・水平位外転・外旋・内旋の7種類です。肩関節の屈曲とは腕を前方に拳上する動きです。伸展とは腕を後に向けて拳上する動きです。外転とは腕を真横に挙げる動きです。水平位置外転とは、腕を肩の高さまで外転させた位置から、腕を後方向へ動かすことを言います。水平位内転とは、腕を肩の高さまで外転させた位置から、腕を体の正中方向(内側)へ動かすことを言います。

 

外旋とは、腕相撲で勝つ時の肩関節の動き、手の甲を腰にあてがう時の動きを言います。内旋とは、腕相撲で負けるときの肩関節の動き、頭を洗う時の動きを言います。以下、順を追って、解説していきます。<(_ _)>

 
 

肩関節のリハビリ・具体的な方法

肩関節は、先述した屈曲・伸展・外転・水平位外転・水平位内転・外旋・内旋の7つの動きで成り立っています。肩関節のリハビリではこれらの動きを意識的に動かしていきます。

 

◆屈曲運動

 

腕を前方へ拳上させます。挙手・万歳の動作です。その際、限界まで腕を挙げます。限界地点で数秒間腕を挙げた状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。腕を拳上させます。その際、限界まで挙げて力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆伸展運動

 

腕を後ろ側へ拳上させます。その際、限界まで後方拳上させます。限界地点で数秒間後方拳上した状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。腕を後方拳上させます。その際、限界まで挙げて力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆外転運動

 

腕を外方(横方向)へ挙げます。その際、限界まで挙げます。限界地点で数秒間挙げた状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

注意):当動作の時は、手の平を正面に向けて行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。腕を外方(横)に向けて拳上させます。その際、限界まで挙げて力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆水平位外転運動

 

腕を肩の高さまで外転させます。その位置から、腕を後方へ動かしていきます。(胸のストレッチをする感じ)その際、限界まで動かします。限界地点で数秒間当状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。腕を肩の高さまで外転させ、そこから後方へ腕を動かします。その際、限界まで動かして力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆水平位内転運動

 

腕を肩の高さまで外転させます。その位置から、腕を内方(正中方向)へ動かしていきます。その際、限界まで動かします。限界地点で数秒間当状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。腕を肩の高さまで外転させ、そこから内方へ腕を動かします。その際、限界まで動かして力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆外旋運動

 

手の甲を腰骨にあてがいます。そこから肘を前方(内方)へ向けて動かしていきます。その際、限界まで行ないます。限界地点で数秒間当状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

注意):怪我をしていない場合でも、痛みが強いケースがあると思います。なので、あまり痛みが出ない範疇(無理のない範疇)で行いましょう。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。その際、限界まで力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 

◆内旋運動

 

手の平をお腹(臍の横辺り)にあてがいます。そこから肘を後方へ向けて動かしていきます。その際、限界まで行ないます。限界地点で数秒間当状態を保持してから、元の状態に戻します。この動作を繰り返し行います。10~20回を目安に行います。

 

また、怪我をしていない側の腕も同様に動かしてみます。そして左右差を比較して怪我をしている側の動きの方が悪い場合は、肩関節のリハビリが必要となります。リハビリの目安としては、左右共に差がないレベルまで動かせるようになることを目指します。

 

また、リハビリに伴い動きが良くなってきたら、肩関節の筋トレも行いましょう。動きに制限が出ている人ほど筋力の低下も目立っているからです。やり方は、先述した動作と同じです。その際、限界まで力を入れます。その状態で数秒間保持します。もしくは、心の中で100数える程度継続します。この動作を繰り返し行います。5回くらいを目安に行いましょう。

 
 

禁忌事項

リハビリは、かかりつけの医師が「関節を動かしても良い」という指示があってから行って下さい。また、「肩関節のリハビリのやり方がわからないので、教えてください!」という電話での問合わせはお控え下さい。※口頭のみの説明は不可です。

 

以上、宜しくお願い致します。

町田市整体│たむら整体治療室│区切り線


ご予約をご希望されている方へ

お電話でお申込の場合、受療を希望されているご本人様がお掛け下さいますよう宜しくお願いいたします。※日時のお間違いを防ぐためです。また、電話受付は、基本19時までとさせて頂いております。メールでのお申込も大歓迎です!定休日は水曜日、土日祝も営業しています。営業時間は10~21時です。 

 
042-726-7828
〒194-0013 町田市原町田2-8-1町田KKビル601号室 【たむら整体治療室】

ご予約をご希望されている方へ

お電話でお申込の場合、受療を希望されているご本人様がお掛け下さいますよう宜しくお願いいたします。※日時のお間違いを防ぐためです。また、電話受付は、基本19時までとさせて頂いております。メールでのお申込も大歓迎です!定休日は水曜日、土日祝も営業しています。営業時間は10~21時です。

 
〒194-0013 町田市原町田2-8-1町田KKビル601号室 【たむら整体治療室】